ご挨拶


Home > ご挨拶

栃木工場の目標は、日本一の試作工場にすることです。
“何でもやって見せる”、“ここで出来ないことは何処も出来ない”、“だから、ここにはいつでもひっきりなしに仕事が来る”という工場にするのが栃木工場の目標です。

人材投資を惜しまず、皆が夢に向かって腕を磨き続ければ、それも可能という認識です。それをもって最高の技術者を育てていけば出来ると信じています。

働く人にとっては、そうならば、お金だってついてくるし、会社もそれで有名になれば、地位もついてくれるし、名誉も感じられる、そういう風にしたい。でも一番はとにかく“あることに関しては、日本一の技術を持っている”といえる工場にすること、皆でそれを成し遂げること、工場を通しそういう経験を持つことで、誇りを持ちたい。そして、技術も誇りも成長して維持しつづけたい。維持には改善が必要ですからね。但し、俗にいう下請けという仕事もしていますし、それは今後も大切なものという認識です。

他の金属加工企業から、仕事をもらうこともありますし、協力してもらうこともある。それを今後もそれはなくす気もありません。それは日本の産業界特有の共存共栄のシステムであり、技術を磨き続ける意味でも、大変に役に立つものだからです。

株式会社J's Factoryは栃木県宇都宮市に生産工場を擁し、その各所に関連工場、協力工場を組織し、独自のJWSネットワークを構築しています。そのネットワークは海外にまで及び、現在タイ(アマタナコン)、インドネシア(プシカ県)にも海外子会社をおき、現地に関連工場、協力工場を組織し、JWSネットワークは海を越えたものになっています。

また、インドネシアのプロアカルタ県にはインドネシア第二工場が稼働を開始しそのネットワークは更に広がっています。

日本の技術、そして摺合せ力、海外の情熱とコストを両立したビジネスも可能となりました。J's Factory営業部又は生産技術本部 栃木工場を窓口に国内・海外納品も可能です。



※インドネシア第一工場のHPはこちら>>

※タイ工場のHPはこちら>>

factory002 factory006 factory003 factory005 factory004 factory001